【改善例紹介】右の太ももからふくらはぎ部が痛い【坐骨神経痛の疑い】

現在、初回特別料金です!

LINEから予約・無料相談も可能です!

こんにちは。
姿勢と歩行の整体院の渡辺です。

今回は、「右の太ももからふくらはぎ部が痛い(坐骨神経痛の疑い)」という方の改善例を紹介します。

この方の痛みは、「右下肢の内側へのねじれが強いこと」が原因で、右の坐骨神経に負担がかかったものと考えられました

なぜその部分に痛みがでていたのか、どうすれば改善したのかを記載していきます。

患者さんの情報と訴え

この方は50代中盤の男性で、半年ほど前から、特に歩くときの右下肢の違和感を感じていました。

ここ1ヶ月で痛みがひどくなり、ひどいときには右足を地面についた衝撃で痛みがズキンと響くとのことでした。

また、朝起きた時にも痛みがあるため、最近では朝起きるのにも不安があるとのことでした。

痛みがでていた部分を下の画像①に示します。

<画像①>

整形外科を受診し、腰部のレントゲンとMRI検査を行い、「神経の通り道が少し狭くなっている。坐骨神経痛ですね。まだ手術の段階ではないです。」と医師に言われ、内服薬を処方されたとのことでした。

内服薬を変えながら様子をみていましたが症状に変化がないため、これからが心配になり、今回ご相談をいただきました。

朝起きた時に痛みがある方というのは、私の経験上、かなり身体の硬さがあり、負担のかかる体勢が強制されている場合がほとんどです。

歩いている時にも痛みが出てくるということで、姿勢だけでなく、歩行も注意してみさせていただきました。

この方の痛みの原因

この方の痛みは「右下肢の内側へのねじれが強いこと」が原因で、坐骨神経にも負担がかかるだけでなく、股関節を後ろにひく動きも制限されていました。

「右下肢の内側へのねじれが強い」とは、以下の画像②のようなイメージです。

<画像②:前から見た図>

坐骨神経は、腰部の背骨の中から始まり、お尻の下を通って脚に向かいます。

以下の画像③に示します。

<画像③:坐骨神経(後ろから見た図)>

私が重要だと考えているのが、腰部の背骨の中から始まってお尻の下までの部分です。

坐骨神経がお尻の下のところから出たあとは、割とまっすぐ足の方へ降りていくんですが、腰部の背骨の中から始まってお尻の下までの部分は、外に向かって斜め横向きに走っていくんです。

下の画像④に示します。2本の青の矢印の間の部分の坐骨神経です。

<画像④:右後方から見た坐骨神経>

斜め横に下降してきているため、右下肢が内側にねじれていると、坐骨神経がより外側に引っぱられるため、神経に負担がかかって痛みやしびれがでていることがあります。

もちろん神経痛の場合、物理的に背骨の中で神経が圧迫されていることが原因で症状がでているときには、私の施術範囲ではないですが、

このクライアントさんの場合では、

  • 姿勢や骨格の乱れ
  • 筋肉の硬さによる関節可動域の制限
  • 歩行における股関節の動きの悪さ

これらの点が特に右側に顕著に表れていたため、施術を行うことで症状が軽減する可能性を十分にご相談させていただき、一緒に頑張っていきましょうということになりました。

ただ筋肉がかなり硬くなっていたため、ご自身でもご自宅でセルフストレッチなどを行っていただく必要がある旨もお伝えしました。

施術アプローチの要点

施術アプローチの中心は、「右下肢の内側へのねじれを解消し、坐骨神経への負担を減らしていくこと」でした。

このクライアントさんの場合、股関節周囲の筋肉だけでなく足部の動きも悪かったため、歩行を確認して可動域のバランスを確かめながら、アプローチを行いました。

私は基本的には筋肉にアプローチしていきます。

ただ股関節周囲には多くの筋肉が存在しているため、ここだけやっておけば大丈夫!ということはありません。

一番硬いところがほぐれると、二番目に硬かった部分の影響が強くでてくるため、その変化を見極めて順番にアプローチする必要があります。

このクライアントさんの場合では、まずは股関節を中心にアプローチして、足部の影響が強くなってきたタイミングで、足部にもアプローチをしていきました。

ご自身でも少しずつ可動域が広がったり、歩行が少しずつ楽になっていくのを感じていただき、

積極的にセルフケアも行っていただいたおかげもあり、「朝起きるのが怖くなくなった」と言っていただけるまでになりました。

まとめ

今回は、「右下肢が内側に向きすぎていること」が原因で、右の坐骨神経に過剰に負荷がかかり痛みがでたクライアントさんの症例を紹介しました。

痛みの根本の原因をしっかりと追究することが重要です。

原因となる部位に正しくアプローチできていれば症状は改善しますが、原因ではないところをいくらストレッチしたりほぐしても、症状が改善することはありません。

私は、あなたの痛みの本当の原因をしっかりと見つけていきます。

当院では、あなたのお身体の状態に合わせて施術を行わせていただきます。

もし何かお困りのことがあれば、遠慮なくご相談ください。

今回も、読んでいただきありがとうございました。

院長:渡辺
症状の無料相談や、いつでもご予約・お問い合わせが可能な当院のLINE@登録はこちらから↓

友だち追加お問い合わせはこちらをクリック

【過去の記事で、膝関節・足関節を中心に、腰・股関節など各関節の記事をまとめております。気になる方はご覧ください】

・膝関節の記事はこちらから→「膝関節の痛み・症例」の記事一覧

・足関節の記事はこちらから→「足関節の痛み・症例」の記事一覧

・腰の記事はこちらから→「腰の痛み・症例」の記事一覧

・股関節の記事はこちらから→「股関節の痛み・症例」の記事一覧

・肘から手の記事はこちらから→「肘から手の痛み・症例」の記事一覧

・首から肩の記事はこちらから→「首から肩の痛み・症例」の記事一覧

名古屋市北区 地下鉄志賀本通駅から徒歩5分
姿勢と歩行の整体院 柔道整復師 渡辺雅之