地下鉄「志賀本通駅」から徒歩5分

【改善例紹介】左の臀部から太ももにかけて痛い(時々足の親指にしびれあり)【坐骨神経痛・腰椎すべり症】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは。
姿勢と歩行の整体院の渡辺です。

今回は、「左の臀部から太ももにかけて痛い(時々足の親指にしびれあり)」という方の改善例を紹介します。

この方の痛みは「股関節周囲の筋肉が硬いため、坐骨神経に負担がかかりすぎていること」が原因でした

なぜその部分に痛みがでていたのか、何が原因だったのか、どうすれば改善したのかを記載していきます。

目次

患者さんの情報と訴え

この方は40代後半の女性で、6年前から左の臀部から太ももにかけて痛みがあり、時々足の親指にしびれもでてくるという症状でした。

整形外科でレントゲン検査・MRI検査を受け、「腰椎すべり症からくる坐骨神経痛だね」と医師から言われたとのことでした。

痛みの出ていた部分を下の画像①に示します。

<画像①:痛みの出ていた部分>

ここ最近、特に左のお尻(臀部)から太ももにかけての痛みが強くなってきたため再び整形外科を受診し、薬を処方されました。

そして医師からは「薬を飲みながら様子をみていき、これ以上悪くなったら手術もありえます」と言われましたが、

ご本人は、手術は絶対にしたくないし、なんとか症状を減らしたいとご相談を受けました。

坐骨神経というのは、もともと腰の部分から枝分かれした神経が、お尻のところから脚にむかう部分の神経のことです。(下の画像②に示します)

<画像②:右の坐骨神経>

この画像からわかるように、坐骨神経というのは、背骨の外にあります。

この方は医師から「腰椎すべり症による坐骨神経痛」と言われていました。

腰椎すべり症だと、背骨の中で神経に負担がかかり、症状がでます。

そして、背骨の中での神経への負担が完全に症状をだしていれば、私にはどうしようもないこともあります。

しかし、「痛み」がメインで、「しびれ」は常にあるわけではないことなどから、なんとか症状を減らせる可能性があるのではと考えました。

この方の痛みの原因

この方の痛みの原因は、「骨盤と股関節周囲の筋肉が硬いため、坐骨神経に負担がかかりすぎていること」でした。

そして骨格の向きと動きに大きな特徴があり、左の骨盤がグイッと前方に出て、太ももが内側にねじれているような状態でした。(下の画像③に示します)

<画像③>

神経というのは、圧迫されたり、引っぱられたりすると負担がかかります。

たとえば、正座をすると足がしびれるのは、膝のところで神経に負担がかかるからです。

なので、背骨の「中」ではなく「外側」に、なにか坐骨神経に負担をかける要素があれば、そこを解決すれば症状は改善してくるはずです。

この方の場合は、背骨の外側で坐骨神経が引っぱられすぎていて、症状がでていたんだと推測しています。

坐骨神経は筋肉に囲まれており、骨盤の後ろ側から始まっているため、骨盤や股関節と密接に関係しています。

そのため、骨盤のズレや股関節の硬さなどが坐骨神経に過剰な負荷をかける場合があり、この方もその例でした。

骨盤や股関節の周りには、たくさんの筋肉があります。

それらの筋肉の働きで下半身を安定させることで、その上に乗ってくる上半身と体幹を支えています。

その分、そこの動きが悪くなると身体のバランスが崩れて、痛みなどをだしやすいんです。

次に、施術アプローチの要点についてまとめます。

施術アプローチの要点

施術アプローチの中心は、「骨盤と股関節周囲の筋肉を柔らかくすることで、坐骨神経への負担を減らしていくこと」でした。

筋肉を柔らかくしていくことで、前に出すぎた骨盤や、ねじれた股関節は徐々に元の位置に戻っていきます。

そうすると坐骨神経が過剰に引っぱられなくなるため、骨の位置が元に戻るのに比例して、症状が改善していきました。

「7年前から症状がでているため、時間がかかりますよ」、

「お家でも硬さをとっていただくため、セルフケアをやってください」とお伝えしたところ、

「手術は絶対に嫌なので、やります!!!」と力強くお答えしていただいた通り、かなりしっかりとお家でセルフケアをしていただきました。

そのおかげもあり、2度目にいらっしゃったときには硬さがかなり改善していたのが印象的でした。

痛みを最後まで取り切るまでには時間がかかりましたが、しびれがでる頻度も減少したとのことで、何より手術をしなくてよいということに喜んでいらっしゃり、私も嬉しかったです。

まとめ

今回は、骨盤と股関節周囲の筋肉が硬いため、坐骨神経に負担がかかりすぎていることが原因で、痛みとしびれがでていた方の改善例を紹介しました。

骨盤のズレなどは、筋肉の硬さによるものが多いです。

そしてその筋肉の硬さは、本来の身体の動きを邪魔します。

そうなると、身体のどこかに負担がかかりすぎて、痛みなどの症状がでてきます。

どこが本当の原因なのかを見つけることが、重要です。

私は、あなたの痛みの本当の原因をしっかりと見つけていきます。

当院では、あなたのお身体の状態に合わせて施術を行わせていただきます。

もし何かお困りのことがあれば、遠慮なくご相談ください。

今回も、読んでいただきありがとうございました。

友だち追加

名古屋市北区 地下鉄志賀本通駅から徒歩5分
姿勢と歩行の整体院 柔道整復師 渡辺雅之

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる