私が健康保険を使わない理由(接骨院をやらない理由)

現在、初回特別料金です!

LINEから予約・無料相談も可能です!

こんにちは。
姿勢と歩行の整体院の渡辺です。

今回は、いつもの施術や身体の話ではなく「私が健康保険を使わない理由(接骨院をやらない理由)」について記載していきます。

頻繁に患者さんに質問されますし、私自身の想いもあるため、一度まとめておこうと思いました。

私は使おうと思えば健康保険を使うことができますが、あえて自費のみで施術させていただいております。

「国家資格と健康保険適応例」、「私が本当にやりたいこと」、きれいごとだけでなく「経営面」にも触れながら私の想いをぶっちゃけていきます。

柔道整復師と健康保険適応例

まず私が保持している国家資格である「柔道整復師(じゅうどうせいふくし)」について説明します。

柔道整復師という資格の中の健康保険を適応例は、「ケガ」に対する施術です。

具体的なケガとは、「骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷」です。

これらに対してだけ健康保険が使えます。

なので、たとえば「数年前から膝が痛い」・「ぶつけたり捻ったりしたわけではないけれど、なぜか腰が痛くなる」といった慢性的な痛みには、健康保険は使えません。

もし使った場合は、犯罪になります。保険金詐欺みたいなものです。

つまり、柔道整復師が接骨院で慢性的な痛みに対して施術を行う場合には、健康保険ではなく自費で受けていただくことが絶対です。

(※整形外科では健康保険は適応されます)

私が本当にやりたいこと

私が本当にやりたいことは、「慢性的な痛みで悩んでいる人の痛みを取り除くこと」です。

つまり接骨院という形をとってしまうと、私が救いたい慢性痛の患者さんは健康保険適応外なので、結局自費施術になってしまうんです。

なので、「接骨院」を開業する理由が全くありません。

「整体院」という屋号ならば健康保険適応はありませんし、私が本当に救いたい患者さんだけに集中することができます。

私のやりがいは、もちろん患者さんごとにゴールは違いますが、たとえば私の施術を受けて身体が変わったことで、以下のような喜びを患者さんと一緒に分かち合うことです。

  • 痛みのせいでできなかったことができるようになって毎日が楽しくなった
  • 日常生活での痛みによるストレスがなくなって嬉しい
  • 意欲がでたことにより、新しいことにチャレンジしてみようという気分になった

などという声をいただくと、本当に嬉しいです。

患者さんからこの声を聴きたくて、私は日々勉強します。勉強会へ行きます。ブログを書きます。頑張ります。

最近身に染みて感じたことですが、結局ビジネスでもなんでもそうですが、私も嬉しい(win)、患者さんも嬉しい(win)。このwin-winでないと、ダメです。

次に、そのようなことを書いていきます。

経営面について

私が接骨院をやらない理由がまだあります。

結論から言うと、接骨院は単価が安いため、たくさんの患者さんを施術する必要があり、流れ作業になりやすいからです。

(※自費のみで経営している接骨院もあります)

詳しくは言いませんが、接骨院では仮に正しく保険請求した場合、単価が安すぎるためとても普通に生活できる収入は得られません。

はっきり言って薄利多売の商売です。

なので、患者さんの数をたくさん集めて短い施術時間で回転させる必要があります。

そうしないと利益がでないからです。

確かにケガをした患者さんは健康保険適応で安い料金で施術が受けられるかもしれません。

しかしこの状況で、患者さん一人ひとりに合ったベストな施術ができるんでしょうか?

施術者は患者さんの数を短い時間で回さないと利益がでない。

症状を良くしたい患者さんは、満足な施術を受けられない。

これ、win-winになってます?

私はしっかりとした施術を患者さんに提供したいんです。患者さんと一緒に喜びたいんです。

毎回の施術において、前回の施術からの身体の変化、症状の変化、姿勢や骨格の向きなどの評価、そしてそれらを踏まえて施術をしていたら、数十分は確実にかかります。

だから接骨院では単価が高い交通事故の患者さんをたくさん集めようとしているんです。

あなたも見たことはありませんか?接骨院の前に並んだ「交通事故」と書いた看板やのぼりを。

健康保険に頼っている限り、薄利多売のビジネスモデルからは抜け出せず、世間で時々ニュースになる不正請求や水増し請求が横行してしまうんです。

私はそんなことをしたくありません。

だから完全予約制・自費施術で整体院をしています。

まとめ

私がやりたいことは、目の前の患者さんを大事にすることです。

これだけは絶対に譲れません。

流れ作業のようなマッサージや、その場しのぎの施術なんてやりたくないし、私自身もやっていて何も楽しくありません。

やりがいが無ければこの世に生まれてきた意味がありません。

目の前の患者さんの話をしっかりと聴いて、症状だけでなく、どんなことに悩んでいるのか、ご自分の身体のことをどのように考えているのか、これからどうしていきたいのか。

すべて教えてほしいんです。

そのためには、ある程度の時間を確保する必要があります。

また、施術中に患者さんから離れたくないので、飛び込みの患者さんに対応しなくてもよい「完全予約制」にして、電話もいつも留守番電話にしています。

多くの患者さんが、「しっかりと話を聴いてもらえるところがなかった」とおっしゃいます。

もし私の家族が、痛みで苦しんでいたら。

お医者さんの診察を受けても痛みの原因がわからなかったり、悩んでいたら。

流れ作業ではなく、しっかりと話を聴いて、真剣に向き合ってくれる施術者に任せたいから。

そんな院をこれからも目指していきます。

今回も、読んでいただきありがとうございました。

当院では、あなたのお身体の状態に合わせて施術を行わせていただきます。

もし何かお困りのことがあれば、遠慮なくご相談ください。

【過去の記事で、膝関節・足関節を中心に、腰・股関節・肩関節などの記事をまとめております。気になる方はご覧ください】

・腰の記事はこちらから→「腰の痛み・症例」の記事一覧

・股関節の記事はこちらから→「股関節の痛み・症例」の記事一覧

・膝関節の記事はこちらから→「膝関節の痛み・症例」の記事一覧

・足関節の記事はこちらから→「足関節の痛み・症例」の記事一覧

・肘から手の記事はこちらから→「肘から手の痛み・症例」の記事一覧

・首から肩の記事はこちらから→「首から肩の痛み・症例」の記事一覧

院長:渡辺
症状の無料相談や、いつでもご予約・お問い合わせが可能な当院のLINE@登録はこちらから

友だち追加

お問い合わせはこちらをクリック

名古屋市北区 地下鉄志賀本通駅から徒歩5分
姿勢と歩行の整体院 柔道整復師 渡辺雅之