【腰部脊柱管狭窄症】腰をそらすと痛い原因を解説

こんにちは。
姿勢と歩行の整体院の渡辺です。

今回は、腰部脊柱管狭窄症・腰をそらすと痛い原因と施術アプローチの要点について、記載していこうと思います。

脊柱管がかなり狭くなり、日常生活にもかなり支障をきたしている状態では、手術適応となる場合が多いです。

しかし、症状がまだそれほど重くなく、初期の場合は症状を減らせることも多くあります。

腰部脊柱管狭窄症とは

腰部脊柱管狭窄症とは、腰の部分の「脊柱管」が狭くなることによって、さまざまな症状が出現する疾患です。

では、「脊柱管」とは何かというと、背骨の中に作られるトンネルのことで、脳から下に走っている神経の束である「脊髄(せきずい)」を通しており、強固な骨組織のため脊髄を守っています。

<画像①:脊髄に相当する部分の背骨が「脊柱管」です>

よって、脊柱管というトンネルは首から腰まで存在しています。

この疾患は、その中で腰の部分だけが狭くなっている状態のため、「腰部」と名前がついています。

症状

腰部脊柱管狭窄症の症状について以下に記載します。

  • 腰の痛み(それほど強くない場合が多い)
  • 背中を伸ばして立っていたり歩いていると、臀部・太もも・膝から下の脚の部分に痛みやしびれが出てくる
  • 長い時間歩けない、一定時間ごとに休息が必要になる(「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」といいます)
  • 進行すると、脚の筋力が低下したり、尿の出が悪くなったり、尿漏れが出現する

このような症状が出現します。

腰から出た神経は、主に脚や臀部などを支配しています。

腰の部分で脊髄が圧迫されると、神経に通っている血管が圧迫されてしまい、血流が低下し、結果的に痛みやしびれなどの神経症状が出現します。

そして重要なのは、脊柱管は腰を反ると狭くなり、腰を前に曲げると広がります。

なので、腰椎椎間板ヘルニアの方との違いは、「長時間歩けないけれども、自転車なら何時間でもこいでいられる」というのは、自転車では腰がそっていないので、脊柱管へのストレスがかからないからです。

原因

腰部脊柱管狭窄症になる原因は、腰以外の部分の柔軟性が低下しているため、日常生活での動作や歩行で、常に腰に反るストレスがかかっているからです。

一般的には、加齢や労働、背骨自体が変形してしまって椎間板が押されて脊柱管が狭くなったり、変形した背骨そのものが脊柱管を狭くしたりといわれていますが、それだけではありません。

しかし、腫瘍が背骨にできるなど内科的な原因を除いて、同じような年齢の方でも、腰部脊柱管狭窄症になっている人もいれば、ピンピンしている人もいます。

なぜだと思いますか?

それは、腰を痛めてしまった理由は、腰にはないからです。

腰は結果的に障害されているだけで、本当の原因は、上半身(主に肋骨)・股関節・足関節にあるからです。

それらの部分の動きが悪いせいで、負担がすべて腰に集中してしまっているんです。

腰部脊柱管狭窄症・腰を反ると痛い方への施術アプローチ

なので、施術アプローチの要点としては、

  • 上半身(主に肋骨)
  • 股関節
  • 足関節

の動きを出していくことです。

「腰以外ほとんど全部じゃないか!?」と思われたかもしれませんが、全部です。

人によって柔軟性の低下の程度は異なっていますが、ほとんどの方が全身に問題を抱えています。

特に女性の方は、ほぼほぼ肩こりがあります。

なので、上半身・股関節・足関節の可動域を正しく出せるようにしてあげないと、いつまでも腰をそるストレスは減りません。

どこか一か所やればよいということはほとんどありません。

立っている姿勢だけでも、腰を反らなければいけない人や、歩いているだけでも、腰を反るストレスがかかっている人がたくさんいます。

そういう方は、腰の筋肉がいつも張ってくるため、よく腰をマッサージされますが、また張ってきます。

なので、腰がそらないような、筋肉が張らないような身体を作っていくことが重要です。

日々の動作では小さなストレスでも、何時間、数千回と重なると、身体を破壊してきます。

なので、あなたの身体を変えていくことで、日々身体にかかるストレスが減るので、徐々に改善していくことが多いです。

私は、あなたの姿勢や歩行、関節可動性などを確認し、患部にとらわれない施術を行います。

今出ている症状を減らすことはもちろん重要ですが、それ以上に、この先将来的に、痛みの出にくい身体に仕上げていくことが、私に時間とお金を投資してくださった方への最大限の敬意だと考えています。

もし何かお困りのことがあれば、遠慮なくご相談ください。

今回も、読んでいただきありがとうございました。

院長:渡辺雅之
症状の無料相談や、いつでもご予約・お問い合わせが可能な当院のLINE@登録はこちらから

友だち追加

お問い合わせはこちらをクリック

【過去の記事で、膝関節・足関節を中心に、腰・股関節など各関節の記事をまとめております。気になる方はご覧ください】

・膝関節の記事はこちらから→「膝関節の痛み・症例」の記事一覧

・足関節の記事はこちらから→「足関節の痛み・症例」の記事一覧

・腰の記事はこちらから→「腰の痛み・症例」の記事一覧

・股関節の記事はこちらから→「股関節の痛み・症例」の記事一覧

・肘から手の記事はこちらから→「肘から手の痛み・症例」の記事一覧

・首から肩の記事はこちらから→「首から肩の痛み・症例」の記事一覧

名古屋市北区 地下鉄志賀本通駅から徒歩5
姿勢と歩行の整体院 柔道整復師 渡辺雅之