【テニス肘(上腕骨外側上顆炎)とは】

現在、初回特別料金です!

LINEから予約・無料相談も可能です!

こんにちは。
姿勢と歩行の整体院の渡辺です。

今回は【テニス肘(上腕骨外側上顆炎)】について、「病態・原因」、「症状」、「当院での施術内容」、「日常生活での注意点」について記載していきます。

病態・原因

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)は、肘の外側の骨(外側上顆)や筋肉部に痛みがでる疾患です。(外側上顆部を画像①に示します)

<画像①:右肘の外側上顆部>

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)は、手や指をよく使う職業の方や、ラケットスポーツを行う方、なかでも30~50歳頃の中年の方に多くみられます。

たとえば、重いフライパンなどを用いる料理人の方、パソコン作業をよくされるデスクワークの方、テニスだけでなくバドミントンや卓球を行う方に多いです。

手術になる例は少ないですが、手や指は日常的に使う機会が多いので、負担が減りにくく慢性化して治療が長期にわたることが多いです。

なので、早期に治療を開始することが重要です。

発症する主な原因は、肘ではなく手関節と指の筋肉の「硬さ」や、「過剰な負荷がかかっていること」です。

過剰な負荷がかかっていたクライアントさんの改善例をこちらの記事で紹介しております。

【改善例紹介】右肘の外側の痛み(テニス肘・外側上顆炎)

症状

  • 手首をそらす動きや手を握りこむ動作で肘の外側が痛む

※たとえば、タオルを絞る、ドアをひねる、鍵をかける、フライパンをつかんで持ち上げる等の動作

  • 症状がひどくなると、腫れや熱感を伴うこともある

じっとしている時の痛み(安静時痛)はないことが多く、手を動かしたときの痛みがメインです。

当院での施術内容

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)は、1回のストレスが原因でなることはありません。

「筋肉の硬さ」や「関節の動きの悪さ」がある状態で過ごすことにより、何回もストレスがかかるため、痛みがでています。

なので、根本原因となっている「筋肉の硬さ」や「関節の動きの悪さ」を改善していきます。

筋肉の張り具合や関節の動きを丁寧に評価することで、どこが一番動きが悪いのかを特定します。

特定したら筋膜リリースやストレッチを行うことで、徐々に関節の動きが良くなってきます。

関節の動きが良くなることで、日々の肘にかかる負担が減るため、徐々に痛みがでる頻度が減ったり、痛みの程度が減ってくるはずです。

ご自身でできるセルフケアもお伝えいたしますので、ご自宅でもどんどんやってください。

ただ、触って熱感があったり、じっとしていても痛みがある場合には、アイシングなどを勧める場合があります。

いずれの場合も、テニス肘(上腕骨外側上顆炎)は早期から治療を開始することが大切です。

日常生活での注意点

特に物を持ち上げるときに、手のひらを床面に向けた状態で持ち上げると、肘に痛みがでます。

なので、物を持ち上げるときには、必ず手のひらを上側に向けた状態で持ち上げるようにした方が痛みがでにくくなります。

まとめ

今回は、「テニス肘(上腕骨外側上顆炎)」について解説しました。

まずは痛みの根本の原因をしっかりと追究することが重要です。

原因となる部位に正しくアプローチできていれば症状は改善しますが、原因ではないところをいくらストレッチしたりほぐしても、症状が改善することはありません。

私は、あなたの痛みの本当の原因をしっかりと見つけていきます。

当院では、あなたのお身体の状態に合わせて施術を行わせていただきます。

もし何かお困りのことがあれば、遠慮なくご相談ください。

今回も、読んでいただきありがとうございました。

院長:渡辺
症状の無料相談や、いつでもご予約・お問い合わせが可能な当院のLINE@登録はこちらから↓

友だち追加お問い合わせはこちらをクリック

【過去の記事で、膝関節・足関節を中心に、腰・股関節など各関節の記事をまとめております。気になる方はご覧ください】

・膝関節の記事はこちらから→「膝関節の痛み・症例」の記事一覧

・足関節の記事はこちらから→「足関節の痛み・症例」の記事一覧

・腰の記事はこちらから→「腰の痛み・症例」の記事一覧

・股関節の記事はこちらから→「股関節の痛み・症例」の記事一覧

・肘から手の記事はこちらから→「肘から手の痛み・症例」の記事一覧

・首から肩の記事はこちらから→「首から肩の痛み・症例」の記事一覧

名古屋市北区 地下鉄志賀本通駅から徒歩5分
姿勢と歩行の整体院 柔道整復師 渡辺雅之