【足底腱膜炎とは】

こんにちは。
姿勢と歩行の整体院の渡辺です。

今回は【足底腱膜炎】について、「病態・原因」、「症状」、「足のアーチと扁平足」、「当院での施術内容」について記載していきます。

病態・原因

足底筋膜炎とは、踵の骨の足底面に付いている足底筋膜に繰り返し牽引力(ひっぱられる力)が加わることで、炎症が引き起こされる疾患です。

足底腱膜は足の裏に張っており、体重を効率よく支えています。(下の画像①に示します)

<画像①:足底腱膜>

足底腱膜炎の原因は、主に「足関節の動きの悪さ」です。

よく「扁平足」だと足底腱膜炎になりやすいと言われていますが、足のアーチが高い「ハイアーチ」の方でも足底腱膜炎になります。

扁平足でもハイアーチでも、足関節の動きが悪い場合には、足底腱膜に過剰に負担がかかるため、痛みがでてきます。

症状

  • 朝起きた時の一歩目で足が痛む
  • 歩行時の痛み
  • 一定時間座った後に立ち上がる時に痛む

足のアーチと扁平足

足には、内側・外側・横という3つのアーチがあります。(下の画像②に示します)

<画像②:足の3つのアーチ>

その中でも特に内側のアーチが低下すると、扁平足の状態になってしまいます。

扁平足になると足底筋膜が過剰に伸ばされやすくなるため、痛みの原因になりやすいです。

当院での施術内容

当院では、足底腱膜炎になっている原因にアプローチします。

具体的には、まずあなたの骨盤・上半身・下半身の骨格の向きの評価をします。

そのあとに、足関節の動きのチェックを行います。

どこかに足の動きが悪くなっているポイントがあるので、そこを見つけたら、歩き方のチェックを行います。

足の動きが悪い方というのは、その動きが歩行にも反映されますので、きちんと評価します。

そのうえで、足の動きがきちんとでるように、アプローチしていきます。

まとめ

今回は、「足底腱膜炎」について解説しました。

まずは痛みの根本の原因をしっかりと追究することが重要です。

原因となる部位に正しくアプローチできていれば症状は改善しますが、原因ではないところをいくらストレッチしたりほぐしても、症状が改善することはありません。

私は、あなたの痛みの本当の原因をしっかりと見つけていきます。

当院では、あなたのお身体の状態に合わせて施術を行わせていただきます。

もし何かお困りのことがあれば、遠慮なくご相談ください。

今回も、読んでいただきありがとうございました。

院長:渡辺雅之
症状の無料相談や、いつでもご予約・お問い合わせが可能な当院のLINE@登録はこちらから↓

友だち追加お問い合わせはこちらをクリック

【過去の記事で、膝関節・足関節を中心に、腰・股関節など各関節の記事をまとめております。気になる方はご覧ください】

・膝関節の記事はこちらから→「膝関節の痛み・症例」の記事一覧

・足関節の記事はこちらから→「足関節の痛み・症例」の記事一覧

・腰の記事はこちらから→「腰の痛み・症例」の記事一覧

・股関節の記事はこちらから→「股関節の痛み・症例」の記事一覧

・肘から手の記事はこちらから→「肘から手の痛み・症例」の記事一覧

・首から肩の記事はこちらから→「首から肩の痛み・症例」の記事一覧

名古屋市北区 地下鉄志賀本通駅から徒歩5分
姿勢と歩行の整体院 柔道整復師 渡辺雅之