足底腱膜炎の改善に足底腱膜のストレッチは必要ない【足底腱膜炎・足底筋膜炎】

こんにちは。
姿勢と歩行の整体院の渡辺です。

今回は【足底腱膜炎(足底筋膜炎)の改善に足底腱膜のストレッチは必要ない】というテーマで記載していきます。

足底腱膜炎(足底筋膜炎)とは

「足底腱膜炎」とは、別名「足底筋膜炎」と呼ばれ、足の底面に張っている「足底腱膜(足底筋膜)」が痛みをだす疾患です。

今回の記事では、以下「足底腱膜」・「足底腱膜炎」で統一します。

足底腱膜を以下の画像①に示します。

<画像①:足底腱膜>

症状は「朝起きたときの1歩目の痛み」が特徴的といわれており、また長時間の歩行や立位でも痛みがでやすいです。

足底腱膜は足の指の付け根から踵にかけて走っており、体重を効率よく受け止める働きがあります。

足底腱膜炎の原因

一般的な足底腱膜炎の原因としては、足の指の筋力の低下・運動のしすぎなど言われていますが、

私の考えは、「足関節の背屈(はいくつ)がでていない」ことが根本原因だと考えています。

背屈とは、以下の画像②の動きです。

<画像②:足関節の背屈>

そしてこの背屈がでていないと、最終的に足は、扁平足の形につぶれてしまいます。

イメージ図を以下の画像③に示します。

<画像③>

そうなると足底腱膜はどうなるかというと、過剰に引き伸ばされます

この状態が問題です。

過剰に引き伸ばされているので、もう伸びる余裕がないんです。

その状態で歩いたり立っていたりすると、伸びる余裕がないところにさらに伸ばされる力がかかるため、限界で痛みがでてくるんです。

足底腱膜炎にストレッチは必要ない

ここまで読んでくださった方はわかると思います。

ストレッチとは、組織を伸ばすことです。

足底腱膜炎は、足底腱膜が過剰に引き伸ばされて痛みがでているので、さらに引き伸ばすストレッチはむしろ逆効果です。

足底腱膜が柔らかくなれば、さらに伸びやすくなるので、痛みがさらに強くなる可能性があります。

ではどうすればいいのかというと、足底腱膜が過剰に引き伸ばされないようにすればいいわけです。

つまり、足関節の背屈を正しくだすことです。

この動きがきちんとでれば、足が扁平足の形にならないため、足底腱膜が過剰に引き伸ばされないわけです。

なので、足底腱膜炎に対して足底腱膜をストレッチすることは、足底腱膜炎の根本的な解決にはなりません。

まとめ

今回は、【足底腱膜炎(足底筋膜炎)の改善に足底腱膜のストレッチは必要ない】というテーマで記載しました。

足は28個の骨があり、動きとしては複雑です。

複雑だからこそ、クライアントさん毎になぜ背屈がでていないのかは異なります。

歩き方や動き方を詳細に評価すれば、本当にアプローチすべきポイントわかります。

なぜその痛みがでているのか、なぜその動きがでていないのか、しっかりと評価することが大切です。

何かあれば、遠慮なくご相談ください。

今回も読んでいただき、ありがとうございました。

院長:渡辺雅之
症状の無料相談や、いつでもご予約・お問い合わせが可能な当院のLINE@登録はこちらから↓

友だち追加お問い合わせはこちらをクリック

【過去の記事で、膝関節・足関節を中心に、腰・股関節など各関節の記事をまとめております。気になる方はご覧ください】

・膝関節の記事はこちらから「膝関節の痛み・症例」の記事一覧

・足関節の記事はこちらから「足関節の痛み・症例」の記事一覧

・腰の記事はこちらから→「腰の痛み・症例」の記事一覧

・股関節の記事はこちらから→「股関節の痛み・症例」の記事一覧

・肘から手の記事はこちらから→「肘から手の痛み・症例」の記事一覧

・首から肩の記事はこちらから→「首から肩の痛み・症例」の記事一覧

名古屋市北区 地下鉄志賀本通駅から徒歩5分
姿勢と歩行の整体院 柔道整復師 渡辺雅之