【改善例紹介】しゃがむと膝の内側が痛い【変形性膝関節症】

こんにちは。
姿勢と歩行の整体院の渡辺です。

今回は、「しゃがむと膝の内側が痛い」という方の改善例を紹介します。

この方の痛みは「膝のねじれが強いこと」が原因で、膝の内側の組織に負担がかかったものでした

なぜその部分に痛みがでていたのか、何が原因だったのか、どうすれば改善したのかを記載していきます。

患者さんの情報と訴え

この方は60代後半の男性で、1年前からなんとなく膝の内側の痛みを実感していました。

特に膝が痛むのが「しゃがむ姿勢」とのことで、正座は痛くてできないとのことでした。

膝を曲げた状態でキープすると痛いため、趣味のゴルフもボールを打つ姿勢をとると膝が痛く、楽しめない。

そして整形外科に行き、レントゲン検査・MRI検査を受けた結果、膝の骨が変形している「変形性膝関節症」と診断されたはいいものの、

湿布と痛み止めを処方されただけで、「様子をみてください、これ以上変形が進めば。手術も考えていきましょう」と言われ、困っているとのことでした。

痛みの出ていた部分を下の画像①・②に示します。

<画像①:痛みの出ていた左膝の内側の部分(体表面)>

<画像②>

この方の痛みがでている組織は、半月板でした。

半月板というのは膝の関節面にあり、主にクッションの役割をしています。

そして半月板に最もストレスがかかるのは、膝が曲がった状態からの「ひねり」です。

しかし、同じようにゴルフをやっている方でも、この方のように膝が痛くなる方もいれば、痛くない方もいらっしゃいます。

そこには多くの場合で、骨格のズレや、可動域の悪さが存在しています。

この方の痛みの原因

この方の痛みの原因は「膝のねじれが強いこと」でした。

膝のねじれについては、これまでいろんな記事で触れてきました。

膝のねじれが強いことで、例えば階段などでも痛みがでてきやすくなります。気になる方はこちらをご覧ください。

なぜ階段で膝が痛くなるのか?その原因を解説!【変形性膝関節症】

膝というのは曲げ伸ばしする時、蝶番のようにシンプルに動いているように見えますが、実はそうではないんです。

「回旋(かいせん)」という動きも一緒に起こっています。

この「回旋」がうまくでないと、正常に動きが出ないので、膝の組織にストレスがかかります。

そして、膝のねじれが強くなっていると、余計に回旋がでにくくなるんです。

しゃがむ動作は膝が曲がっていく動きですが、曲がるだけでなく、膝より上の部分の体重が乗ってくるため、膝のねじれが強い方は痛みがでやすいです。

さらにゴルフのスイングというのは、膝を曲げた状態で身体をひねるので、回旋がでないと膝には大きなストレスがかかります。(下の画像③に示す)

<画像③:ゴルフのスイング>

やり始めは大丈夫でも、やっていると徐々に痛くなってくる…という方は特にこの傾向が強い印象があります。

一回では大したことはなくても、何十回も同じ動きを繰り返すことで、膝へのダメージが蓄積していくんですね。

次に、施術アプローチの要点についてまとめます。

施術アプローチの要点

施術アプローチの中心は、膝のねじれをとっていくことでした。

膝は、お皿の骨・太ももの骨(大腿骨)・スネの骨(脛骨)で構成されています。(下の画像④に示す)

<画像④:膝関節>

半月板など、膝の中の方に痛みを出しやすい方というのは、特に大腿骨と脛骨の位置が悪くなっています。

具体的には、下の画像⑤のようにねじれていました。

<画像⑤:膝のねじれ>

大腿骨が内向きに、脛骨が外向きに、というねじれです。

このねじれを修正するように、筋膜リリースを行っていきました。

もともと筋肉の力も強く、筋肉自体がガチッと固まっている方でしたので、関節のねじれが非常に強かったです。

しかしご自宅でも積極的にセルフマッサージとエクササイズをやってくださった甲斐もあり、無事にしゃがみ動作での痛みもなくなり、ゴルフに復帰することができました。

これからもゴルフを継続することはもちろん、庭の木のお手入れの際などにしゃがむ機会が多いため、ご本人の希望もあり定期的なケアでの通院をしていただいております。

まとめ

今回は、「膝のねじれが強いこと」が原因で、膝の内側の組織に負担がかかって痛みがでた方の症例を紹介しました。

今までたくさんの方の膝をみさせていただきましたが、膝の痛みがある方というのは、ほとんどの場合で同じねじれ方をしています。

ねじれの度合いが一定を超えると、組織に負担がかかって痛みがでてくるんですね。

なので、テレビなどでよく言われている「膝の前の筋肉を強くしましょう!」ということを「ねじれ」を改善させないまましてしまうと、かえって痛みが強くなることがあります。

原因となる部位に正しくアプローチできていれば症状は改善しますが、原因ではないところをいくらストレッチしたりほぐしても、症状が改善することはありません。

私は、あなたの痛みの本当の原因をしっかりと見つけていきます。

当院では、あなたのお身体の状態に合わせて施術を行わせていただきます。

もし何かお困りのことがあれば、遠慮なくご相談ください。

今回も、読んでいただきありがとうございました。

院長:渡辺雅之
症状の無料相談や、いつでもご予約・お問い合わせが可能な当院のLINE@登録はこちらから↓

友だち追加お問い合わせはこちらをクリック

【過去の記事で、膝関節・足関節を中心に、腰・股関節など各関節の記事をまとめております。気になる方はご覧ください】

・膝関節の記事はこちらから→「膝関節の痛み・症例」の記事一覧

・足関節の記事はこちらから→「足関節の痛み・症例」の記事一覧

・腰の記事はこちらから→「腰の痛み・症例」の記事一覧

・股関節の記事はこちらから→「股関節の痛み・症例」の記事一覧

・肘から手の記事はこちらから→「肘から手の痛み・症例」の記事一覧

・首から肩の記事はこちらから→「首から肩の痛み・症例」の記事一覧

名古屋市北区 地下鉄志賀本通駅から徒歩5分
姿勢と歩行の整体院 柔道整復師 渡辺雅之