どのくらいの時間運動すればいいのか?【名古屋市北区・東区 整体 変形性膝関節症】

現在、初回特別料金です!

LINEから予約・無料相談も可能です!

こんにちは。
姿勢と歩行の整体院の渡辺です。

今回は、特に変形性膝関節症の患者さんからよくご質問をいただく「どのくらいの時間運動すればいいのか?」という不安について、記載していきたいと思います。

最近は、カーブスやスポーツジムなどがたくさんでき、特に中高年の方々が運動(スポーツ)に非常に積極的です。

私の84歳になる祖母も、かなりの頻度で卓球をやりに出かけており、日々楽しんでいる姿に、私も嬉しくなります。

スポーツジムだけでなく、山登りやウォーキング、バレーボールなど、たくさんの種類のスポーツを楽しむことができますね。

非常に良いことだと思います。

身体の健康的にも、適度な運動やスポーツが推奨されています。

近年特に問題になっているのは、運動不足と飽食による「メタボリックシンドローム」です。

メタボリックシンドロームになり、糖尿病・高血圧・高脂血症などの生活習慣病になってしまう人が増加しています。

世の中が便利になりすぎているからこそ、現代に生きる私たちにとって運動することは重要になっているんですね。

ただ、地球上でスポーツをするのは人間だけです。

つまり元々よく身体を動かしていれば、必ずしもスポーツをする必要はないんです。

日常生活での活動(生活活動)と、スポーツなどの運動を合わせて「身体活動」と呼ばれますが、

厚生労働省では、生活習慣病の予防には10分程度の歩行を1日に数回行う程度でも健康上の効果が期待できると提唱しています。

身体を動かすのが好きな人もいれば、そうではない人もいらっしゃいます。

運動やスポーツが好きではない方は、無理にスポーツをする必要はないです。

1日10分程度の散歩を数回するだけで、大丈夫です。

じっとしていることをやめて、身体を動かしていくことが大切です。

もちろん歩くこと自体で膝や足の痛みがある方は、まずそちらを解決しないといけないため、遠慮なくご相談ください。

まずは痛み無く歩ける身体にすることが、一番重要です。

今回も、読んでいただきありがとうございました。

もし何か疑問点などあれば、遠慮なく下記のお問合せフォーム・LINEでもお問い合わせください。

私は、痛みの出ている部分だけでなく、膝関節・股関節・足関節・上半身を含め、トータルなアプローチをしていきます。

患部外の関節や骨格の評価も詳細に行い、あなたのお身体の状態に合わせて施術を行わせていただきます。

名古屋市北区・東区を中心に、腰の痛み・膝の痛みでお困りの患者さんに来院いただいております。

もし何かお困りのことがあれば、遠慮なくご相談ください。

【過去の記事で、膝関節・足関節を中心に、腰・股関節など各関節の記事をまとめております。気になる方はご覧ください】

・膝関節の記事はこちらから→「膝関節の痛み・症例」の記事一覧

・足関節の記事はこちらから→「足関節の痛み・症例」の記事一覧

・腰の記事はこちらから→「腰の痛み・症例」の記事一覧

・股関節の記事はこちらから→「股関節の痛み・症例」の記事一覧

・肘から手の記事はこちらから→「肘から手の痛み・症例」の記事一覧

・首から肩の記事はこちらから→「首から肩の痛み・症例」の記事一覧

院長:渡辺
症状の無料相談・ご予約・お問い合わせが可能な当院のLINE@登録はこちらから↓

院長:渡辺
症状の無料相談や、いつでもご予約・お問い合わせが可能な当院のLINE@登録はこちらから↓

友だち追加

お問い合わせはこちらをクリック

名古屋市北区 地下鉄志賀本通駅から徒歩5分
姿勢と歩行の整体院 柔道整復師 渡辺雅之