サプリメントを飲むと、すり減った関節軟骨は増えますか?【姿勢と歩行の整体院】

現在、初回特別料金です!

LINEから予約・無料相談も可能です!

こんにちは。
姿勢と歩行の整体院の渡辺です。

今回は、主に変形性膝関節症と診断された患者さんからよくご質問をいただく、

「サプリメントを飲むと、すり減った関節軟骨は増えますか?」

という疑問に対して、記載していこうと思います。

サプリメントとは

そもそもサプリメントとは、いわゆる「健康補助食品」だとか、「栄養補助食品」と呼ばれるもので、その名のとおり、サプリメントはあくまで「食品」です。

薬ではありません。

薬は、様々な実験データをもとに効果が認定されているため、少ない量で大きな効果をもたらします。

しかし、サプリメントはあくまで食品なので、飲むと人間の身体の栄養となります。

なので、「健康補助」や「栄養補助」という名がついています。

グルコサミン・コンドロイチンとは

特に新聞やテレビの広告でよく見るのは、変形性膝関節症での膝の痛みに対する、グルコサミンコンドロイチンなどのサプリメントです。

このグルコサミンやコンドロイチンという成分は、もともと関節の接触部に存在する「関節軟骨」や、関節の中の液体である「関節液」の成分です。

ここで重要なのが、サプリメントのグルコサミンやコンドロイチンというのは、タンパク質の構成成分の「アミノ酸」と比べると、かなり大きいという点が問題なんです。

なので、一旦食品としてサプリメントを飲んだ後に、小腸から吸収され、血液の流れに乗せて運ぶためには、グルコサミンとコンドロイチンは大きすぎるので、一回小さい「アミノ酸」にまで分解されます。

そうしないと運搬できないからです。

サプリメントを飲んでも・・

つまり、食品として食べたサプリメントも、肉も、魚も、すべて一旦アミノ酸まで分解されるため、どの食べ物からきたアミノ酸なのか、肉なのか、魚なのか、サプリメントなのかは、体にとっては一切関係ありません。

つまり、サプリメントを飲んでも、そのグルコサミンやコンドロイチンという軟骨の構成成分が、そのままの形で軟骨を修復するということは考えられません。

ですので私としては、サプリメントを飲んで、関節軟骨が修復されるということはないと考えます。

変形性膝関節症があり、膝が変形していて、関節軟骨がすり減っていると、それを増やしたいという気持ちはすごくわかります。

私でも同じ気持ちになります。

実際に、日本を含めて世界中でグルコサミンやコンドロイチンについての様々な研究や調査が行われていましたが、

ほとんどの論文や研究結果で、軟骨の再生には否定的な結果が示されています。

しかし絶対に効果がないとは言い切れないため、より明確な結論が期待されています。

私は、関節軟骨がすり減る前に、膝の痛みが出る前に、

あなたの脚を変えていったほうが良いと考えています。

今回も、読んでいただきありがとうございました。

私は、あなたの膝だけでなく、股関節・足関節・上半身のチェックを行い、姿勢分析・歩行分析も行い、最適な施術を行います。

もし何かお困りのことがあれば、遠慮なくご相談ください。

院長:渡辺
症状の無料相談や、いつでもご予約・お問い合わせが可能な当院のLINE@登録はこちらから

友だち追加

お問い合わせはこちらをクリック

【過去の記事で、膝関節・足関節を中心に、腰・股関節など各関節の記事をまとめております。気になる方はご覧ください】

・膝関節の記事はこちらから→「膝関節の痛み・症例」の記事一覧

・足関節の記事はこちらから→「足関節の痛み・症例」の記事一覧

・腰の記事はこちらから→「腰の痛み・症例」の記事一覧

・股関節の記事はこちらから→「股関節の痛み・症例」の記事一覧

・肘から手の記事はこちらから→「肘から手の痛み・症例」の記事一覧

・首から肩の記事はこちらから→「首から肩の痛み・症例」の記事一覧

名古屋市北区 地下鉄志賀本通駅から徒歩5
姿勢と歩行の整体院 柔道整復師 渡辺雅之