炎症とはなにかを解説!【姿勢と歩行の整体院】

現在、初回特別料金です!

LINEから予約・無料相談も可能です!

こんにちは。
姿勢と歩行の整体院の渡辺です。

今回は、患者さんからよくご質問をいただく、「炎症とはなんですか?」という疑問に対して、記載していこうと思います。

炎症とは

私も過去に足の捻挫をした際に、お医者さんに、

「骨は大丈夫だけど、靭帯のところで炎症が起こっているね」と診断を受けたときに、

骨は大丈夫でよかったーと思う反面、「ん?炎症ってなんだ?」と疑問に思っていたのを思い出します。

炎症とは、

  1. 痛み
  2. 腫れ
  3. 発赤(赤くなること)
  4. 熱感(触ると熱いこと)

という4つの要素を含む疾患の状態を示しています。

つまり炎症がありますよと言われる時というのは、

シンプルに表現すると、「熱をもって、赤くなり、腫れて、痛い」という状態です。

4つの要素が全てあるとは限らず、原因も様々あります。

以前の記事の「足底腱膜炎」・「アキレス腱炎、アキレス腱周囲炎」・「上腕骨外側上顆炎(テニス肘)」・「ド・ケルバン腱鞘炎」という疾患ならば、

足や肘の動きの悪さを基盤とした使い過ぎが原因ですが、関節リウマチを基盤としたリウマチ性関節炎ならば、免疫の異常が原因です。

また、結膜炎や扁桃腺炎ならば細菌やウイルスの感染が原因となります。

外傷的に足首をひねってしまい、足の靭帯を損傷してしまうと、内出血して腫れてきて、熱感があり痛みを出します。

炎症が起こる仕組み

では、なぜ「赤くなって熱をもって腫れる」のでしょうか?

具体的に、蚊に刺された場合にも炎症が起こるのですが、この場合で簡単に身体の中で何が起こっているかを述べます。

蚊に刺された場合は、蚊に刺されるという刺激ではなくて、蚊の唾液に入っている物質が炎症の引き金になります。

この物質に反応して、毛細血管が拡張し、酸素を多く含んだ動脈血が刺された部分に大量に流れ込むので、刺された部分は赤くなります。(これが「発赤」です)

流れ込んだ血液は温かいので、刺された部分は熱を持ちます。(これが「熱感」です)

血管は、流れ込んだ血液が充満するため、どんどん膨らんでいき、さらに刺激が加わってものが浸みだしやすくなるため、タンパク質や白血球が局所に入り込んで、腫れます。(これが「腫れ」です)

刺激に対して局所で放出される「ヒスタミン」などの物質があるんですが、

この物質が血管を拡張させたり、血管の透過性を亢進させるのと同時に、かゆみをもたらします。

また、白血球はタンパク質を分解する酵素である「プロテアーゼ」を放出します。

この物質が、痛みや機能障害をもたらします。

このような形で、炎症が起こっているんです。

炎症が起きている時には

関節リウマチなどの一部特有の治療をしなければいけない疾患を除いて、一般的な炎症ならば、

  • 安静にする
  • 冷やす
  • 医師に抗炎症薬を処方してもらい、経口・外用で用いる

といったことを組み合わせて対応すれば、治まることが多いです。

私は、主に整形外科的疾患に施術をさせていただくことが多いため、足底腱膜炎やアキレス腱炎や上腕骨外側上顆炎やド・ケルバン腱鞘炎といった炎症疾患は、一旦炎症が治まっても、また痛くなるという方がほとんどです。

なぜかというと、関節の動きが悪い状態は何も変わっていないからです。

私は、あなたの膝だけでなく、股関節・足関節・上半身のチェックを行い、

姿勢分析・歩行分析も行い、最適な施術を行います。

今回も、読んでいただきありがとうございました。

院長:渡辺
症状の無料相談や、いつでもご予約・お問い合わせが可能な当院のLINE@登録はこちらから

友だち追加

お問い合わせはこちらをクリック

【過去の記事で、膝関節・足関節を中心に、腰・股関節など各関節の記事をまとめております。気になる方はご覧ください】

・膝関節の記事はこちらから→「膝関節の痛み・症例」の記事一覧

・足関節の記事はこちらから→「足関節の痛み・症例」の記事一覧

・腰の記事はこちらから→「腰の痛み・症例」の記事一覧

・股関節の記事はこちらから→「股関節の痛み・症例」の記事一覧

・肘から手の記事はこちらから→「肘から手の痛み・症例」の記事一覧

・首から肩の記事はこちらから→「首から肩の痛み・症例」の記事一覧

名古屋市北区 地下鉄志賀本通駅から徒歩5
姿勢と歩行の整体院 柔道整復師 渡辺雅之