腰痛に良い寝かたや寝具(枕・ベッド・布団)とは【姿勢と歩行の整体院】

現在、初回特別料金です!

LINEから予約・無料相談も可能です!

こんにちは。
姿勢と歩行の整体院の渡辺です。

今回は、患者さんからよくご質問をいただく、「腰痛に良い寝かたや寝具はありますか?」という疑問に対して、記載していこうと思います。

腰痛に良い寝かたについて

特に、「立っていると徐々に腰が痛くなってくる」という方は、仰向けの姿勢は腰が痛くなりやすいため、横向きになり、軽く腰・股関節・膝関節を曲げた姿勢で寝るのが良い」と私は思います。

ですが極まれに、仰向けのほうが調子が良いという方もいらっしゃるので、絶対ではないです。

私も過去に調子に乗って洗濯機を一人で持ち上げようとした際に、ぎっくり腰になった経験があります。

あの時は、とてもじゃないですが仰向けでは寝れませんでした。

動くことさえ激痛で嫌でした。

横向きになって、身体を抱えるようにしてじっとすることが一番楽だったと記憶しています。

腰痛に良い寝具と寝返りについて

そして次に、腰痛に良い寝具ですが、それを書いていく前に重要なことがあります。

それは「寝返り」です。

寝返りが重要なの?と疑問に思われたかもしれませんね。

実は、とっっても大切です。

寝返りの役割とは

では、寝返りの役割とはなんでしょうか。

それは、地面に接触する部分の圧力を逃がしてあげることです。

寝返りがない状態を考えると、理解しやすいと思います。

ずーっと同じ姿勢で寝ていると、その部分が痛くなってきますよね?

それは、筋肉などの組織が圧迫されるため、血管も圧迫されて循環が悪くなり、そのままでは組織が壊死してしまうので、痛みとして危険信号を発して知らせてくるためです。

健康な人間ならば、無意識で寝返りをすることができますが、たとえば病院に入院していらっしゃる方々で、寝返りが自力ではできない場合は、看護師さんが一定の間隔で身体の向きを変えています。

このように、寝返りは睡眠時の身体の負担を軽減させるという点においてかなり重要です。

なので、腰痛に良い寝具とは、「あなた自身が寝返りがうちやすい寝具」となります。

もちろんベッドや布団では、硬すぎるとシンプルに当たっている部分が痛みますし、柔らかすぎても沈み込みすぎて寝返りがうちづらいです。

なので、一度横になってみて感触を確かめることが重要です。

枕の重要性

そして、さらに重要なのは「枕」です。

実際にやってみるとわかりやすいと思いますが枕の無い状態で、仰向けの姿勢から寝返りをうってみてください。

やりづらくないですか?

多くの方はやりづらいと思います。

なぜかというと、背骨のラインと、頭のラインが平行になっていないからです。

寝返りは身体の左右の回転運動なので、この2つのラインが平行になっていてはじめて、円滑に寝返りが行えます。

私自身は、バスタオルを枕として使用しています。

なぜかというと、頭の高さを調節しやすいからです。

枕の高さの調節のしかた

バスタオルを用いてもいいですし、使用している枕があって、なおかつ高さが低すぎる場合には、その上にバスタオルで調節しても良いと思います。

調節の仕方は難しくありません。

最適な枕の高さとは、実際に高さを増していって、寝返りをしてみて、身体の回転と頭の回転が同時になる高さが最も寝返りがうちやすいです。

バスタオルの柔らかさや敷布団の柔らかさなどの要素があるため、実際にはあなた自身の主観がとても重要です。

まとめ

今回は、腰痛の患者さんからよくいただく質問の中で、寝かたと寝具、寝返りの重要性について述べました。

もちろん人それぞれ感じ方が違うため、特に枕の高さは、高いほうが良い人もいれば、低いほうが良い人もいらっしゃいます。

なので、私の考えを押し付けるつもりはありませんが、もしあなたの腰痛が楽になる一助になればと思います。

今回も、読んでいただきありがとうございました。

もし何かお困りのことがあれば、遠慮なくご相談ください。

院長:渡辺
症状の無料相談や、いつでもご予約・お問い合わせが可能な当院のLINE@登録はこちらから

友だち追加

お問い合わせはこちらをクリック

【過去の記事で、膝関節・足関節を中心に、腰・股関節など各関節の記事をまとめております。気になる方はご覧ください】

・膝関節の記事はこちらから→「膝関節の痛み・症例」の記事一覧

・足関節の記事はこちらから→「足関節の痛み・症例」の記事一覧

・腰の記事はこちらから→「腰の痛み・症例」の記事一覧

・股関節の記事はこちらから→「股関節の痛み・症例」の記事一覧

・肘から手の記事はこちらから→「肘から手の痛み・症例」の記事一覧

・首から肩の記事はこちらから→「首から肩の痛み・症例」の記事一覧

名古屋市北区 地下鉄志賀本通駅から徒歩5
姿勢と歩行の整体院 柔道整復師 渡辺雅之