なぜ同じ運動をしていても、あなただけ痛みがでるのか?【姿勢と歩行の整体院】

現在、初回特別料金です!

LINEから予約・無料相談も可能です!

こんにちは。
姿勢と歩行の整体院の渡辺です。

今回は、患者さんからよくご質問をいただく、「なぜ同じ運動をしていても自分だけ痛みがでるのか?」という疑問に対して、私の考えを記載していこうと思います。

私の答えを端的に言うと、「関節の動きが悪い状態で、運動をするから」です。

私のほかのブログ記事でも似たようなことを書かせていただいておりますが、

そもそもあなたの関節そのものが、本来の適切な可動性や軸で動くことができないから、関節に負担がかかります。

そして日常生活での軽微なストレスなら痛みがでなくても、運動やスポーツのようにストレスが大きい動作を反復すると、あなたの身体が耐え切れずに痛みを出してきます。

そして、人間の関節にはそれぞれ特性があり、

「可動性」=「動くこと」が役割の関節

と、

「安定性」=「止まっていること」が役割の関節

とに分類されます。

いずれの関節も動きがありますが、その中でもこのように分類されているんです。

可動性が求められる関節には、主に足関節、股関節、肩関節、胸椎部などがあり、

安定性が求められる関節には、主に膝関節、腰椎部、頸椎部、肘関節などがあります。

※人間の関節の特性に関しては、以下の記事でまとめております。

人間本来の関節の特性について

私の主観になってしまいますが、痛みを出している方のお身体をチェックしていく中で、ほぼすべての場合、この本来の関節の役割が逆転してしまっていることが原因で、関節に痛みなどの症状が発生しています。

たとえば、

  • 足関節(本来可動性)の動きが悪いことで、膝関節(本来安定性)に痛みが出ている例
  • 股関節(本来可動性)の動きが悪いことで、腰部に(本来安定性)痛みが出ている例
  • 胸椎(本来可動性)の動きが悪いことで、頸椎(本来安定性)に痛みが出ている例

など、たくさんあります。

共通しているのは、本来動くべき関節の動きが出ないことで、本来安定している=止まっているべき関節が動かざるを得ない状態になることで、痛みが出ているということです。

このパターンが圧倒的に多いです。

患部だけにアプローチしても、痛みが再発したり、痛みが変わらない場合は、

やはり全身を含めた評価や治療が重要です。

私は、症状の出ている部位だけでなく、患部外の関節や骨格の評価も詳細に行い、あなたのお身体の状態に合わせて施術を行わせていただきます。

もし何かお困りのことがあれば、遠慮なくご相談ください。

今回も、読んでいただきありがとうございました。

院長:渡辺
症状の無料相談や、いつでもご予約・お問い合わせが可能な当院のLINE@登録はこちらから

友だち追加

お問い合わせはこちらをクリック

【過去の記事で、膝関節・足関節を中心に、腰・股関節など各関節の記事をまとめております。気になる方はご覧ください】

・膝関節の記事はこちらから→「膝関節の痛み・症例」の記事一覧

・足関節の記事はこちらから→「足関節の痛み・症例」の記事一覧

・腰の記事はこちらから→「腰の痛み・症例」の記事一覧

・股関節の記事はこちらから→「股関節の痛み・症例」の記事一覧

・肘から手の記事はこちらから→「肘から手の痛み・症例」の記事一覧

・首から肩の記事はこちらから→「首から肩の痛み・症例」の記事一覧

名古屋市北区 地下鉄志賀本通駅から徒歩5
姿勢と歩行の整体院 柔道整復師 渡辺雅之